主に企業研修クラスや大学、高校等の教育機関を中心にビジネス英会話、日常英会話等の会話クラス、TOEIC®Test対策、TOEFL®Test対策等の資格クラスを担当します。1クラスの人数は研修によりばらつきがありますが、少人数クラス~30名40名の大人数クラスまで幅広く教える事ができます。 企業内にて業務上語学を必要とされる方々の中には、「英語が本当に苦手」「嫌い」という方も研修をきっかけに「英語は楽しい」「習った表現が仕事で役立った」等と言ってくれる等すぐに反応がある事も法人事業課講師の魅力です。TOEIC®Test等も企業では導入している企業が増える中、真剣に取り組む姿勢の方が多く、教えるやりがいも感じられるはずです。

様々な業種の企業でのクラスや、大学の正課・課外のクラスを担当する事により、色々な人との出会いの中から人間としての幅を広げる事ができます。また、様々なニーズの研修を担当する事によりいろいろと勉強できることがあり、ご自身のスキルアップにもつながります。「教えることは学ぶこと」だということです。今まで気付かなかったことに気付き、それを教える喜びを実感出来ます。
企業研修、大学クラスでは色々な方が生徒さんとして参加されている為、普段はお会いできないような経験豊富な方や大先輩の方々から色々なお話しを聞いたりすることができ、旬な情報もキャッチする事もできます。また、英語を身につけて業務に活かそう!と熱心に参加される方が多く「毎回生徒さんに満足いただく授業を行おう」と自分の技術、知識はもちろんの事、みなさんに満足していただくためには生徒一人一人が何をもとめているかを感知する技術も知らない間に身につく事かと思います。

講師1年生の方でも安心して講師デビューいただけるように、充実した基本研修、教材研修を実施いたします。またクラス期間中は、教務トレーナーが基本研修、教材研修を通して個々のよいところ、技術を磨くところを個別にアドバイスを行いますので安心して授業に望む事ができます。
営業担当、人事担当、教務担当、研修担当が一丸となりサポートいたします。

WEBからエントリー

「目標を持って向上心に燃えている人の成長に役立ちたい」とお考えの方。
「語学力や経験を活かし教えたい」とお考えの方。
「人の笑顔や成長をみる事」が好きな方。
「語学指導に興味と情熱」をお持ちの方。
☆大人向けクラス担当希望の方大歓迎 ☆TOEFL教授希望者も同時募集

必要スキル TOEIC®Test850点以上、
または英検1級、もしくは同等の実力をお持ちの方。

「教えることに喜びを感じ、人の成長を自分の喜びと感じる人」、「目標に向かって一生懸命取り組んでいる人をサポートしたい人」。 このような情熱にあふれた人材をECCは求めています。
目標を持って向上心に燃えている生徒さんの目は輝いています。そういう人々の目標を叶えるには講師の力が大きく作用します。あなたの確かな教授力、そして、生徒さんのことを思って親身になってサポートするがんばりが、人を変え、人を喜ばせ、自分をも成長させます。
講師のやりがいや喜びは、生徒さんがスキルアップして向上が見られた時、英語嫌いが講師のおかげで英語大好きになったと言ってくれた時が一番大きいものです。また、企業や大学などでの仕事を通じて、色々な人々との触れ合いの中でご自身の成長を育む環境を持つことができます。
これまでの経験を生かして、人の成長に役に立てる喜びを私たちと一緒に分かち合いませんか!

WEBからエントリー

メーカー、商社等の企業、各種団体の事業所をはじめ、大学や高校等の教育機関構内など。
【実施クラス例】 ビジネスコミュニケーション研修、海外赴任前語学研修、日常英会話研修、プレゼンテーション研修、TOEIC®Test対策セミナー、対策講座等。

Case1 英会話

対象クライアント 商社(国際事業部)
受講対象者 30代~40代の社員
受講人数 12人(1クラス)
クラスレベル TOEIC®Testレベル400点台
目標レベル 現地オフィススタッフ及び取引先とのコミュニケーションをとれる様になる。リスニング力を鍛える。
研修内容 日常英会話をベースとしたコミュニケーショントレーニング。

Case2 TOEIC®Test対策

対象クライアント 大学(エクステンション授業)
受講対象者 大学1年生~4年生
受講人数 40人(1クラス)
クラスレベル TOEIC®Test600点
目標レベル 大学在学中に600点以上を取得する。
研修内容 TOEIC®Testに必要な技術を問題別、パート別で指導。
リスニング、リーディング、単語、イディオム、文法を細かく説明し習得させる。

WEBからエントリー

■仕事の内容

主に大学や企業でTOEIC/TOEFL対策や英会話講座を担当させて頂いています。

■この仕事を選んだきっかけ

元々英語教育に興味があり、ECCでお仕事をさせて頂く前は、予備校で同じく英語講師として働いていました。ただ、そこでは5年間のアメリカ留学生活で触れた「生きた英語」「使える英語」を存分に伝えることが出来ずにいました。
一方、ECCでは、どのクラスにおいても英会話を基に講師と生徒さん、また生徒さん同士のコミュニケーションを促すことを大切にしていることを研修を通して知りました。つまり、講師が一方的に英語の知識を提示するのではなく、生徒さんから発話を引き出す機会を絶えず与え続け、実際に生徒さんが自発的に英語を運用できるような環境作りにECCはこだわっています。研修以来、これが自分の求めていた英語教育だ!と実感し、ECCのレッスンスタイルに魅了されました。

■ECCの魅力

法人事業課第一の魅力はその愛情に溢れた研修にあると思います。研修では、トレーナーである掛村先生に英語教授法の前に講師としてのあるべき姿勢を学ばせて頂きました。それは、目の前の生徒さん一人一人を精一杯愛し、体当たりしながら彼、彼女たちとコミュニケーションを取る姿勢です。そこからレッスンを始めなければ、たとえいかに手順と方法にこだわってレッスンを進めても、生徒さんとの信頼関係は築くことはできません。信頼関係が無ければ生徒さんの英語力向上に繋がる生産的な時間と空間を作ることなどできない、と研修を通して気づかされました。当たり前のことのようですが、そうするには生徒さんからどんな反応があっても動じない勇気、そして体力が必要です。今でも生徒さんからの反応に傷つくことをどうしても恐れてしまう未熟な自分がいますが、幸運にも、愛をもって生徒さんに飛び込むことに挑戦しながらお仕事をさせて頂けるのも、掛村先生が研修の中で、実際に身を以て私たち講師一人一人に愛を持って体当たりしながら講師を育てようとしてくださっているからです。

■講師を目指す方へメッセージ

現場でお客さんの反応を直に感じられるが故に時には残酷で孤独な仕事です。ただ、だからこそ生徒さんから笑顔が見られたときに得られる幸福感は言い表せられないほどです。ECCには生徒さんの笑顔を引き出そうと情熱的に頑張っておられる講師の方ばかりです。ぜひ私たちと一緒にその幸福感を味わいましょう。

■仕事の内容

主に大学や企業でTOEIC講座や英会話を教えています。また、これらの講座の開講前に、ガイダンスを担当することもあります。

■この仕事を選んだきっかけ

好きな英語を使って、長くできる仕事を探していました。一般の企業に就職することも考えましたが、就職後の配属部署が明確でないことが多いですので、友人からECCの採用試験について聞かされた時は、これだと思いました。

■やりがい、喜びを感じる時

やはり、生徒さんのスキルがアップした時です。自分では意識していないのですが、気分がいい日は決まって、生徒さんのTOEICスコアが上がった時や、英会話力アップなど具体的に結果が出た時です。
ある大学のTOEICコースでは最初は皆さん恥ずかしがっていたのですが、毎回、週末の過ごし方などを英語で話してもらうことにしました。実はもっと英語で話しをしたかったのでしょう。回を重ねるごとに会話も盛り上がり、むしろ英語での方がありのままの自分を見せてくれたような気がします。

■ECCの魅力

ECCは全国規模でスクールがありますので、引越しなどをした場合でも、すぐに仕事が始めることがます。

■講師を目指す方へメッセージ

講師陣は英語とティーチングのプロ集団というだけではありません。TVのバラエティー番組を盛り上げるタレントさながらのキャラクターの方もいらっしゃいます。真面目な方も個性的な方も、ECCでお目にかかれるのを楽しみにしております。

WEBからエントリー!

WEBからエントリー
採用情報でご興味をもたれたらまずはエントリーしてください。 採用担当者及び教務担当、トレーナーが書類及び筆記テスト結果を参考に、英会話、TOEIC®Test資格等の様々な分野で教えるにふさわしい人物であるかを総合的に審査。 「語学教師である前に教育者たれ。」面接では単に語学力だけでなく、指導者としての資質を判定します。特に指導力、解説力は求める資質でありコミュニケーション力等も総合的に見た上で評価。 与えられた素材によりレッスンを組み立てて講師になってレッスンを行い指導者としての資質を判定。
       
教授法やレッスンの進め方などの基本事項を習得。 教授研修(基本)を終了後、最終判断として指導者としての資質を指導力、解説力、教授法の習得具合、応用力を評価し判定。 担当するクラス情報(目的、人数、形式、教材等)を元に専門トレーナーが基本技術を発展させる実践研修を実施。 いよいよ担当クラスがスタートします!!クラス開始後も定期的に強化研修を実施。(必要に応じて)

WEBからエントリーする