導入事例

ECCの語学研修・英語社内研修を継続して導入いただいている
企業の担当者様から、うれしいお声が届きました。
社員の語学力の強化、グローバル化対応、顧客満足度の向上など、
着実に成果に繋がった企業の語学研修・英語研修の事例を紹介します。

導入企業・学校法人インタビュー

語学研修・英語社内研修を検討されたきっかけ、ECCを選んだポイント、研修後の成果などについてお伺いしました。

海外語学研修導入事例

海外語学研修は最短1週間の短期留学から参加できる語学研修・英語研修プログラムで、
短期間で貴社のグローバル人材育成の支援をいたします。
ECCセブ校への語学留学は、内容・成果ともに高い評価をいただいています。
実際にECCの海外語学研修を導入いただいた企業の事例をご紹介します。

01

メーカー/選抜

目的業務拡大に伴う社員のスキルアップ

留学期間
8週間(合計320レッスン)
学習コース
General English Course

成果TOEIC®L&R Testスコア大幅アップ

  • 総合力はもとより、特にスピーキングとリスニングの伸びが顕著
  • 英語でのプレゼン力が身についた
  • 外国人とのコミュニケーションがスムーズになった
  • 最大でCASECスコア139/TOEIC®L&R Testスコア220アップ

02

メーカー/①選抜 ②社内公募

目的①海外赴任の準備 
②英語力アップ

留学期間
4週間(合計160レッスン)
学習コース
General English Course
Business English Course

成果TOEIC海外で使える会話力を会得

  • ビジネスシーンで役立つ語彙・会話力が身についた
  • 語彙力が増強され、シーン毎に的確な語彙の選択が可能となった
  • 論理的構成と説得力のあるプレゼンが可能となった
  • 表現力に磨きがかかり相手により伝わりやすくなった
海外語学研修の詳細はこちら

その他の語学研修導入事例

海外赴任を前提としたグローバル人材育成研修などを導入いただいた企業の
実際の学習時間や学習方法についてご紹介します。

01
海外赴任前研修
エンジニア/男性(35歳)
  • 英語は苦手で若干のアレルギーあり。
  • 3ヶ月後にはベトナム赴任。
  • どうにか生活できるようになりたい。
学習プラン
LEVEL 1
1回3h × 週2回 × 12週間
バイリンガル日本人講師54h
外国人講師18h
学習時間
3ヶ月(合計72時間)
  • バイリンガル日本人講師で、英語への苦手意識を緩和しながら、基本的なやりとりを理解・定着させる。
  • 外国人講師との実践で、アレルギー症状を解消させる。
成果
英語アレルギー解消!自信がついた!
02
海外赴任前研修
セールスマネジャー/男性(40歳)
  • 海外出張の経験あり。日常生活はどうにか可能な会話力あり。
  • 1ヶ月後にアメリカ赴任決定。現地の部下指導と売上拡大が目的。
  • ビジネスで必要な会話力を身につけたい。
学習プラン
LEVEL 3
平日午前中 毎日2h×18日間
外国人講師36h
学習時間
4週間(合計36時間)
  • 基本的な英会話はあるので、よりスムーズにコミュニケーションできる会話力を鍛える。
  • 自分の意見を組み立てて、話す力を身につける。
成果
表現力を磨き、円滑なコミュニケーションが可能に!
03
TOEIC®L&R Testスコアアップ
メーカー勤務の職場仲間/15名
  • 社内規定でTOEIC®L&R Testスコア500点取得が必須に。
  • TOEIC®L&R Test受験経験者なし。2年以内に500点取得が目標。
学習プラン
BASIC 500対策
バイリンガル日本人講師
グループA:週一回90分×40週×2年間
グループB:週一回90分×60週(1.5年)
学習時間
  • グループA:2年(合計120時間)
  • グループB:1.5年(合計90時間)
※短期・中期プランあり
  • バイリンガル日本人講師で、英語への苦手意識を緩和しながら、基本的なやりとりを理解・定着させる。
  • 外国人講師との実践で、アレルギー症状を解消させる。
成果
ほぼ全員が目標スコア500点を突破!
04
TOEIC®L&R Testスコアアップ
海外赴任候補者/7名
  • 将来の海外赴任に備えてTOEIC®L&R Testスコア700点突破希望。
  • 現在のTOEIC®L&R Test Testスコアは平均530点。
学習プラン
Score 500点対策
Score 600点対策
バイリンガル日本人講師
週1回90分×40週+オンライン
TOEIC®L&R Test600点対策、700点対策を平行受講
学習時間
1年(合計60時間)※期間は目安です
  • 中間目標TOEIC®L&R Testスコア650点を設定し、最終目標TOEIC®L&R Testスコア700点を目指す。
成果
全員が目標スコア700点を突破!
05
業務拡大に伴う社員のスキルアップ
メーカー/選抜10名
  • 海外との取引が増え、英語で対応できる社員を増やしたい。
  • TOEIC®L&R Testスコアを基準に10名選抜(400点程度)。
学習プラン
LEVEL 2
バイリンガル日本人講師
初年度:1回90分×週2回×40週(120h)
外国人講師
2年目:1回90分×週2回×20週(60h)
学習時間
1.5年(合計180時間)
  • バイリンガル日本人講師で、英語への苦手意識を緩和しながら、基本的なやりとりを理解・定着させる。
  • 外国人講師との実践で、アレルギー症状を解消させる。
成果
海外とのやり取りがスムーズに!
業務効率アップ!
06
社員の英語力の底上げ
サービス業/15名
  • これまで英語と無縁だった社員の底上げをしたい。
  • 英会話は初心者。TOEIC®L&R Testの受験経験なし。
バイリンガル日本人講師初年度
初年度:TOEIC®L&R Test CLINIC BASIC基礎力養成+ENGLISH
CLINIC LEVEL1(NC)週1回90分×20週×2ターム
2年目:500点対策+LEVEL1(IDⅠ) 週1回90分×20週×2ターム
3年目:ENGLISH CLINIC LEVEL2(IDⅡ、EM)
週1回90分×20週×2ターム
+オンライン英会話
学習時間
3年(合計180時間)
  • モチべーションを維持するために楽しみながら無理のないペースで進める。
  • 日常的な場面で対応可能な英語力を身につける。
成果
英語への恐怖心なく対応できるように!

ECCは“確実な成果”を
お約束します。

これまでにご契約いただいた企業は3,000社以上。
多くの企業から喜びのお声をいただいております。
※講師派遣・通学も含むECCグループ内での実績です。
数字で見るECC

社内英語研修の検討時に
重視すべきポイント

01

研修の目標を明確に定める

英語学習を行なうにあたり目標を具体化することで研修が成功に繋がりやすくなります。
例えば、「ビジネス英語のスキルを習得させる」、「国際的なビジネスシーンでのコミュニケーション能力を向上させる」といった目標が考えられます。

02

社員の学びたいニーズを把握する

社員が英語学習についてどのようなニーズを持っているかを理解することは重要です。
社員の学びたいことを知り、それに合わせた研修内容を設定する必要があります。

03

最適な研修方法を選択する

オンライン研修や通学研修、講師派遣形式の研修などの研修方法を自社の環境に合わせて選択することが大切です。
最適な受講方法を選択することで参加率の向上にも繋がります。

社内英語研修における
注意点

  • 参加者のレベルに適切でない
    内容となっていないか

    参加者のレベルに合っていない研修は、参加者のモチベーションを下げるだけでなく、参加者が混乱に陥る可能性もあります。

  • 実用性が伴っていない
    内容となっていないか

    ビジネス英語においては文法や語彙力を学ぶだけでなく、ビジネスシーンで使える表現などを学ぶことが重要です。

  • 文化的な理解が
    伴っているか

    英語を学ぶ上で、言語だけでなく背後にある文化も知ることで異なる文化を持つ人々とのコミュニケーションに役立ちます。

ECCが選ばれる理由

確かな提案力、高品質なレッスン、引き出すメソッドなど、半世紀にわたって培われた
「ECCクオリティー」が強みとして評価され、選ばれています。

確かな提案力

ECCは、講師派遣形式などの研修スタイルからレッスンの内容、講師、カリキュラム、サポートに至るまでトータルでプロデュース。企業のご要望・導入目的を理解した上でベストなご提案をいたします。

高品質講師のレッスン

ECCが講師を選ぶ基準は、指導力や英語力のスキルだけではありません。親しみやすさやモチベーションを高めることを重視し、多方面でレッスンの質を高める技術を身に着けています。

引き出すメソッド

日本人が弱いと言われる「自分から発信する力」を引き出すECC独自のELICITメソッドで、英語の習得と同時にコミュニケーションの向上を目指すことが可能です。

詳細はこちら

ECCの語学研修・英語社内研修に関する
よくある質問

Q社員・職員向け語学研修を考えているのですが、どのような研修スタイルがありますか?
A

ECCの研修システムには6つのスタイルがあります。

上記より貴社のご予算、ご要望に応じて最適なスタイルをご提案いたします。

Q研修をスタートするまでの流れはどのようになっていますか?
A

研修を開始するにあたり、「予算」「目的」「受講形態」など、貴社のご希望に合わせて「研修スタイル」をお打ち合わせにて決定いたします。

講師派遣形式研修の場合

「カリキュラム」、「期間」「回数」「講師(外国人・バイリンガル日本人)」の決定→受講者のレベルチェック実施→クラス分けの実施→研修を開始いたします。

通学研修の場合

受講コースの決定→「期間」「出席率規定」等の決定→ご希望スクールにて受講者カウンセリング、レベルチェックを実施→研修を開始いたします。

オンライン研修の場合

「受講コース」の決定→「期間」「出席率規定」等の決定→WEBシステムにて受講者カウンセリング、レベルチェックを実施→研修を開始いたします。

Q海外赴任予定者向けの研修はありますか?
A赴任直前の短期集中型研修から赴任予定者向けの事前準備研修までご要望に応じた期間、時間枠で研修を提案させていただきます。
また受講形態も、貴社での実施、ECCへのスクーリング、貴社指定場所での実施、など自由にお選びください。
言語は英語、中国語、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語と幅広く7ヶ国語を展開しております。
QTOEFL®Test 対策講座実施及び、ネイティブ講師による研修を行っていただけますか?
A可能です。英会話及びTOEFL®Test 対策につきましてはiBT/PBTともにレベル別での対応が可能です。
レベルによってはバイリンガル日本人講師の研修が効果的です。レッスン形態は、「集中コース」「週1回コース」等ご要望に応じて設定します。
Q社員がECCに通学する場合の研修制度をお教えください。
A全国にあるECCのスクールなら、どこででも受講いただけます。
コースは「少人数制レッスン」(自由予約制レッスン等)、曜日固定制の「レギュラーレッスン」、「マンツーマンレッスン」等からお選びください。期間、コース、出席条件等を決定後、受講開始となります。 なお、ご希望の場合は、 毎月受講者の出席状況を報告いたします。

他社サービスとの違い

ECCは、豊富なメニュー(業務特化、英会話、TOEIC®L&R Test対策など)と高カスタマイズ性により、
多くの他社サービスでは届かない貴社の”経営課題、個別ニーズ”に適したレッスン、研修を提供することが可能です。

※横にスクロールしてご覧ください

 
月額料金(税込)
最安値
対象規模
対象者
レッスンタイプ
講師
法人への導入実績

ECCリモートオンライン
英語・語学研修

貴社のニーズに合わせて
最適なプランをご提案
大企業・中小企業
  • 管理職・エグゼクティブ
  • 海外赴任者
  • 新入社員   他 多数
  • マンツーマン
  • 複数名同時   他 多数
ネイティブ外国人
バイリンガル日本人
3,000社 以上 ※

ベンチャー系オンライン英会話
A社

5,980円
中小企業
海外赴任者
マンツーマン
ノンネイティブ外国人
26社

老舗系外国産オンライン英会話
B社

4,536円
大企業
管理職・エグゼクティブ
マンツーマン
ネイティブ外国人
300社
※数字はすべて2022年1月現在のものです
※ECCグループ全体としての実績です

研修コース

お問い合わせ