留学に強い大学を目指せると確信しました。留学に強い大学を目指せると確信しました。

神戸学院大学 国際交流センター 事務部長

小畑 佳弘

神戸学院大学神戸学院大学
研修スタイルEnglish Plaza(い~ぷら)

こちらのリクエストに
100%応えてくれて。

国際交流センターでは学生の海外留学を推奨しているのですが、交流協定大学の語学要件(IELTSスコア)が上がったり、学生たちの語学力が伸び悩んでいたこともあり、2010年から欧米への交換留学生を派遣できていませんでした。この状況にセンターとして危機感を感じ、ECCにお声がけをさせていただきました。ECCで本学の卒業生が第一線で活躍しており、以前から親近感と信頼感を持っていたので迷いはありませんでした。
 2016年、学長の強い思いからキャンパス内に「English Plaza(い~ぷら)」を設置。「い?ぷら」とは、ネイティブスタッフと英語で気軽にチャット(会話)やアクティビティ(クイズ・ゲーム)が楽しめる場所で、週に3回、本学生に無料で開室し、ハロウィンやクリスマスなどのイベントも実施しています。「い?ぷら」の設置目的は、英語に対して苦手意識を持っている学生に英語好きになってもらうこと。また、多くの学生に海外留学に興味を持ってもらうことでした。導入にあたっては、ECC担当者様がこちらの要望やリクエストに100%応えてくださったので、大変満足しています。

こちらのリクエストに100%応えてくれて。

導入後、交換留学生派遣再開
という目的を達成。

今年で2年目を迎える「い?ぷら」は今や学生たちにもすっかり浸透し、開室日には必ず利用してくれる常連メンバーも出てきました。初めて利用する初心者には、ECCの日本人スタッフがマンツーマンで対応してくれる手厚いシステムもあり、一度利用すれば英会話学習への意欲が高まるようで学生からは大好評です。イベント時には、スタッフさんたちが学生を呼び込んでくださったりモチベーションを巧みに引き上げてくださるなど、ECCのサポート体制のすばらしさに感激しております。
 「い?ぷら」導入後、嬉しいことに常連学生がIELTSスコアをクリアし、長年実施できていなかった交換留学生の派遣が実現しました。これは「い?ぷら」の効果に他なりません。当初の目的をしっかり果たしてくれていると感じておりますので、これからも続けていきたいですね。
 今後、国際交流センターとしては「い?ぷら」をさらに進化させて、英語だけでなく多言語も学べる環境を整えていきたいと考えています。ECCのアイデアや提案力に、大いに期待しております。今後ともよろしくお願いいたします。

導入後、交換留学生派遣再開という目的を達成。

貴社に最適なコースを診断

ECC通訳スマイルコール