プラン

  1.  > 
  2.  > 
  3. 学童・小学校 [課外] 小学生 英語教室

学童・小学校

課外小学生 英語教室

小学生 課外英語教室とは…

希望者に対し、空き教室を使ってレッスンを行うプランです。

希望する一部の生徒向けに、課外の英語教室を実施するプランです。具体的には下校後の空き教室などをお借りして、ECCジュニア教室を開講させていただくシステムとなります。自分のことや身の回りのことについて、聞いたり話をしながら大量の英語に触れ、英語の「基礎体力」を作ります。豊富な教材で子どもたちの興味を引き出し、英語力だけでなく思考力、実践力などの社会を生き抜く21世紀型能力も養います。

※2017年度主要10事業者における14才以下を対象とした子ども向け英会話教室 教室数・生徒数 ㈱矢野経済研究所調べ 2018年6月現在

こんな方に最適なレッスンです。

  • 英語教育に興味があるが、いきなり正課導入はハードルが高い…
  • 保護者の英語教育ニーズに応えたい
  • ECCジュニア教室を開講することで、経営の安定化を目指したい

最新の教授法について

教科学習と言語学習を統合した教授法「CLIL(クリル)」で総合的な知識と価値創造力を身につけられます。

CLIL(クリル)は、Content and Language Integrated Learning(内容言語統合型学習)という教授法で、理科や社会などの教科と言語学習を統合し、教科(トピック)と語学の両方を学びます。動物や植物の特徴、ものづくりや町づくりについてなどの話し合いを通じて、子どもたちはクリル学習の特徴である4つのC、すなわち内容(Content)、思考力(Cognition)、コミュニケーション(Communication)、協働作業(Community)を学んでいきます。CLILを取り入れたアクティビティブックは、先生にも児童にも大好評で、子どもたちは目を輝かせながら「このレッスン大好き」「楽しい」「新しいことを発見した!と毎回楽しんで参加しています。

  • みんなでテーマについて考えます。
  • アクティビティブックに自分なりの答えを書き込みます。
  • みんなの前で、自分の答えを英語で発表します。

ECCジュニア教室とは?

ECCジュニアは、全国の子どもたちに「より通いやすい環境で」「本格的な英語教室」の提供を目指し、1980年から全国展開を行っている「地域ごとのECCクラス」です。課外英語教室では、施設様の空き教室などをお借りしてECCジュニアのレッスンを行い、在籍生の人数に応じて月々教室の使用料をお支払いさせていただきます。

レッスン風景

レッスンの様子

●正課/45分授業の一例

<小学生英語コース> [課外] カリキュラムの概要

対象
希望者(オプションサービスとして)
レッスン時間

60分

レッスン回数

週1回程度

指導内容

●リスニング(聞くこと)
指示を聞いて行動できる/単語や短い会話を聞いて理解できる

●スピーキング(話すこと)
単語や短い文を正確に発音できる/簡単な質問のやりとりができる/自分のことについて簡単なスピーチができる/既習の単語や表現を使って自発的に発話ができる/与えられたテーマについて考え、単語や簡単な文で発表できる

●リーディング(読むこと)
アルファベット(大文字・小文字)が読める/単語を読む準備をする/フォニックス※を使って3?4文字程度の既習単語が読める
※フォニックス:スペリングと発音の関係を学び、基本的な単語のつづりを読む準備をする

●ライティング(書くこと)
アルファベット(大文字・小文字)が書ける/3~4文字程度のつづり字の穴埋めができる

●CLIL(毎レッスン)
※正課英語カリキュラム参照

講師
バイリンガル講師
メリット

●保護者の英語教育ニーズに応えられる
●ECCジュニア教室を開講することで、安定した経営を目指せる

指導料
年間レッスン回数、時間に応じて御見積もりを作成させていただきます。
まずは弊社までお問い合わせください。

ご質問・ご相談はこちらまで

●電話でのお問い合わせ
●フォームからのお問い合わせ

お問い合わせ
フォームへ

モデルレッスン実施中!

正課英語カリキュラム導入をお考えの園を対象に、
モデルレッスンを実施しています。お気軽にお申し込みください。

ECC講師がお伺いして、実際のレッスンの一部を行います。子どもたちの様子やECC正課英語カリキュラムレッスンの雰囲気をぜひご覧ください。

モデルレッスンを申し込む

このページの先頭へ